kamqgm@近況

ゲームモーションブログ(http://blog.livedoor.jp/kamqgm/)の中の人です。 最近は洋ゲー研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



テーマ :   ジャンル :

【テレビ感想】カンブリア宮殿 1/19 志位和夫が語る“ルールある資本主義”とは

村上龍の鋭い質問に対し、志位和夫「からなるほど!」と、
思わせる回答が得られなかったのが残念だ。
「具体的な論争をしたいわけではない」としながらも、
番組はさながら”資本主義(村上)VS共産主義(志位)”の戦いに見えた。

志位氏から幾度か出た企業の”内部留保”という言葉。
曰く、内部留保の0.2%を雇用に当てれば、
日本の派遣切りの流れを解決できるという。
もうひとつ、派遣の規制を99年自由化前に戻せという言葉もあった。

共産党は国民の台所目線の政党としながら、
企業にのみ負担を強いる政策の提案では、
真に台所目線とはいえないのではないか。
金持ちから金を取り富を再分配するという思想は大いに賛成だが、
内部留保を使えだの、規制を過去に戻せなどと言うようでは、
最終的に庶民の台所に響いてくるはずだ。

期待していたのは共産党目線でのWIN-WINの政策だった。
大企業も派遣もどちらも幸せになれる政策は必ずあるはずだ。



マルクスの『資本論』
志位の根底にあるマルクス資本もいつか読破してみたい

 ⇒過去のカンブリア宮殿の記事はこちら
 




テーマ : TV番組  ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

Secret

検索フォーム
最新記事
ゲームモーションブログ記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    QRコード
    QRコード
    リンク
    最新トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。