kamqgm@近況

ゲームモーションブログ(http://blog.livedoor.jp/kamqgm/)の中の人です。 最近は洋ゲー研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



テーマ :   ジャンル :

【テレビ感想】カンブリア宮殿 「ゴーン神話は終わらない」 1/5

カンブリア宮殿 「ゴーン神話は終わらない ?日産自動車 次世代への挑戦?」

金融危機、円高、大不況。
この3つが同時に起こり、過去例のないほどの車業界はピンチだ。
それも、世界中で…

日産をV字回復させたカルロスゴーンはこの危機をどうとらえ、
どう乗り越えていこうとしているのかが、わかる回であった。

車業界についてはまったく無知だが、
いろいろと思いを抱いた。
 
■リストラやむなし
急激な円高によって、輸出産業は大ダメージを被(こうむ)っている。
この不況が、短期間ですむのであれば、
”派遣切り、リストラ”は行わないとゴーンは言う。
どこかの国会議員が言うように、社員を雇い続けるということは、
問題を先送りしているだけに過ぎず、会社の成長よりも、雇用を優先することによって、
いづれは他社に追い抜かれ、むしろ状況が悪化する。
リストラは他に選択肢がないとき、やむをえず行っており、
コレまでにかけた研修や研究費を無駄にする、残念な行動としている。

雇用の安定供給が、企業が社会へ果たすべき役割のひとつ。
という持論を個人的には持っている。

日産は3月末までに2000人、派遣社員のすべてを削減すると発表した。
企業そのものが存続できなくなってしまっては元も子もないが、
今回のこの措置はいかがなものかと思う。

■電気自動車を販売する会社は他にあるか?
電気自動車を作れるライバル企業はあれど、
販売できるのは日産だけとゴーンは語る。

驚いたことに、2010年に日産は電気自動車を
販売する計画だという。

車本体は従来のガソリン車並におさえ、
リチウムイオンバッテリーはレンタルになる。
ユーザーはバッテリーレンタル料と、
充電料金を支払うことになる。
それらは、従来の給油料金と同じような
価格になるそうだ。

このビジネスモデルは、一度売ってしまえば、
レンタル料が定期的な収入として見込める。
安定した定期収入は経営の重要なポイントだ。

さらに日産は充電スタンドなど、インフラ整備にも投資している。
ゴーン就任時から電気自動車の研究費だけは、
極力減らさなかったらしい。
その情熱たるや半端ではない。

若者の車離れが叫ばれる現在、
ゴーンは電気自動車を打開策としてあげた。
たしかに、エコを念頭に置いた若者は少なくないだろう。
だが、価格において従来車と同じ、売りはエコ。
だけでは積極的に電気自動車を買おうとは思わない。

VHSからDVDへ、地上波アナログから地デジへ、
それと同じようにガソリン車から電気自動車へ
日産は世代交代を推し進めている。
電気自動車ならではの、直接的ですばらしい価値を
われわれにれ提供してくれたとき、
電気自動車は爆発的に普及するだろう。

ピンチをチャンスへ。
このすばらしい攻めの姿勢を見習っていきたい。


カンブリア宮殿過去記事はこちら






テーマ : TV番組  ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

Secret

検索フォーム
最新記事
ゲームモーションブログ記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    QRコード
    QRコード
    リンク
    最新トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。