kamqgm@近況

ゲームモーションブログ(http://blog.livedoor.jp/kamqgm/)の中の人です。 最近は洋ゲー研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



テーマ :   ジャンル :

“Project Natal”はWiiを意識しているわけではない マイクロソフト泉水敬氏

ラグ理論については、面白いことを言っているなあと思う。

マイクロソフト泉水敬氏の単独インタビュー!「“Project Natal”はハードの枠を超えた取り組み」 [ファミ通]
>――なるほど。先日“Project Natal”を体験させてもらったのですが、そのレスポンスのよさに驚きました。
泉水 ありがとうございます(笑)。そこにも“Project Natal”ならではのテクノロジーが隠されているんですよ。実際のところ、人が意識してから反応するまでのあいだには、どうしてもラグが生じてしまうわけですが、でもそれはゲーム的なラグではなくて、体を大きく動かすことによるラグなんです。コントローラーならば、ボタンを押そうと思ってから操作をしても、身体的なラグは感じないですよね。でもそれが体全体となると、脳からの指令がたとえば腕なりに伝わるまでのラグが、指のそれより大きいんですね。プレイヤーはそのラグをゲーム側のものであると錯覚してしまうんですね。たとえばレースゲームの場合は、単純に動きを認識するだけではなくて、ある程度動きを予測しているんですね。それでラグが感じられないようになっているんです。




テーマ : ゲーム  ジャンル : ゲーム

コメント

Secret

検索フォーム
最新記事
ゲームモーションブログ記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    QRコード
    QRコード
    リンク
    最新トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。