kamqgm@近況

ゲームモーションブログ(http://blog.livedoor.jp/kamqgm/)の中の人です。 最近は洋ゲー研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



テーマ :   ジャンル :

【書評】30歳からの成長戦略

 30歳からの成長戦略

できるおっさんと会話するのは楽しい。
本書は10章構成になっている。
1?8章までを超効率でMBA相当のビジネススキルを学ぶことが
できるとしている。

・ロジカルシンキング
・インベストメント
・ファイナンス
・マーケティング
・コーポレートストラテジー

だが、これらMBAのスキルはすでに大衆化されていて、
いまさら後追いしても時間の無駄であると記している。

ビジネススキルは超効率でマスターして、次のステップへ移る。
そのひとつとして興味深かったのが「全体思考法」だ。

全体思考法のトレーニングとしてイメージアーカイブを作るというものがある。
これは場の空気感を記憶するものだ。
たとえば運動会を例にとると「10-8で白組の勝ち」というのが議事録的アーカイブ。
一方。
「運動会は雲ひとつない良い天気だった。」
「閉会式のとき女子が泣いた。」
など、場の雰囲気をもとに記憶していくのがイメージアーカイブだ。
場の雰囲気も大切にしていくというのは、効率を追い求めていた自分にとって
目からうろこの思考法だった。

さて、この書評を見ているあなたのまわり雰囲気はどうだろうか。
マウスの感触は?現在の場所は?おなかのすき具合は?
これらの雰囲気もすべて記憶していけば、イメージ自体が爆発的スピードで合従連衡して
答えを出してくれるようになるという。
よくあるビジネス書が追い求める左脳思考とは、逆の右脳的思考法ともいえる。

だが、本書の読みどころはそこではなく、9章にある。
9章では著者自身の経験が語られている。
成功と苦悩がそこに描かれている。
その中で、著者は「他者を幸せにする」という答えを見つけ出したという。

本書の中でも「経営者視点であれ」という言葉か何度か出る。
この経営者視点というものがズバリ「他者を幸せにする」ということを包括すると思っている。
「他者を幸せにしない」会社経営などやる意味がないからだ。

9章で語りかけてくるいろいろなおっさんの経験談は
きっと我々の糧となるはずだ。

ブックオフにて100円以下でこの本に出会えたことを幸運に思う。





テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本  ジャンル : 本・雑誌

コメント

Secret

検索フォーム
最新記事
ゲームモーションブログ記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    QRコード
    QRコード
    リンク
    最新トラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。